小児歯科

お子様を歯医者に通わせる時期

子どもをいつ歯医者に連れて行けばいいの?歯が痛くなったりしてからでいいの?という疑問をお持ちの親御さんも多いと思います。
症状が出てからではなく、予防することを目的としたおすすめの来院のタイミングをご紹介します。

乳歯が生えてきたら

生えたての乳歯は歯質が弱く虫歯の進行が早いので、早期発見と予防が大切です。乳歯が生え始めたら虫歯予防を始めると考えてください。
お家で行うケアについてもご指導しますので、一度ご来院ください。

硬い食べ物を食べ始めたら

離乳食が始まり硬い食べ物も食べるようになると口の中に食べかすが残りやすくなるので、これまで以上のケアが必要になります。虫歯にもなりやすくなる時期なので、一度ご来院いただくことをおすすめします。

乳歯から永久歯に生え変わり始めたら

乳歯が抜け始めて歯がデコボコになると、ブラッシングしにくくなり虫歯になりやすくなります。また、歯並びが気になり始める時期でもあります。
生え変わりの時期は特に注意が必要ですので、ご来院ください。

歯を守るために身につけさせたい習慣

座間市の歯医者「ひばりが丘ライズモール歯科」の小児歯科は、「子どもの歯を守りたい!」と考える親御様の味方です。子どもの歯は虫歯になりやすい、という特徴があります。これは構造のせいもありますが、生活習慣も大きく関係しているのです。たとえば、時間を決めずにおやつをダラダラ食べすることは、口腔内を酸性状態にし続けることとなり、虫歯菌を活発にしてしまいます。さらに、食後のブラッシングといったケアが適切でないと、食べかすがお口の中に残り、さらに虫歯のリスクが高まります。

その他、水分補給のために日常的にスポーツドリンクを飲ませるのもあまり良くありません。糖分を多く含んだ飲食物の摂取はできるだけ減らしましょう。また、やわらかい食べものは咀嚼不足になり、唾液の分泌量が低下します。さらに顎の骨の成長にも悪影響を及ぼし、歯並びも乱れる可能性があります。大切なのは規則正しい時間に食事をし、なるべく間食をしないようにすることです。そして「1口30回噛む」といった習慣を身につけ、正しい方法でブラッシングを行いましょう。

虫歯予防のポイント

乳歯の時期や、永久歯が生えはじめる時期には適切な口腔内ケアが必要です。しかし、まだお子様自身にその知識や技術がないため、気をつけないと虫歯になってしまう可能性も。そのため、親御様がしっかりと目を配らせておく必要があります。

乳歯の注意点

子どもの歯(乳歯)はそもそも大人の歯(永久歯)に比べ、虫歯になりやすいという特徴を持っています。以下で、それぞれの時期に合わせた注意ポイントをご紹介します。

生えはじめの時期
(生後6ヶ月頃)

・授乳中にそのまま寝かせないようにする
・お口の汚れは塗れたガーゼなどで拭き取る
・歯が生えはじめたらフッ素コーティングも検討する
・歯のケア方法は歯科医に相談する

上下前場12本+奥歯4本
(1歳6ヶ月~3歳)

・甘いお菓子や飲み物は与えすぎないよう注意する
・ほ乳瓶はそろそろ使わないようにする
・虫歯になる前に歯科医院へ行き検診を受けておく

乳歯が20本生えそろう時期
(3歳頃)

・食生活の見直しやブラッシング指導、フッ素コーティングなど、予防に努める
・信頼できる歯科医を見つけ、定期的に検診を受ける

生えはじめの永久歯

大人の歯はだいたい6歳頃から生えはじめます。はじめに生えた歯は「第一大臼歯」と呼ばれるもので、その後いつまでも使われる永久歯です。第一大臼歯は大きく、噛む力も必要になるのですが、噛み合わせの溝に食べかすがたまりやすい、という特徴があります。そのため、虫歯のリスクも高いと言えます。

まだブラッシングが上手にできず、セルフケアに対する意識が低い幼い時期には、親御様の手助けが必要です。お子様が歯みがきを終えたら、その後ていねいに仕上げ磨きをしてあげましょう。また、あらかじめ歯の溝を埋めて虫歯予防につなげる「シーラント」という処置もお勧めです。

正しいブラッシングがお子様の歯を守ります

虫歯・歯周病予防の基本はご自宅でのブラッシングです。そのため、お子様には正しいブラッシングの方法と習慣を身につけてもらうようにしましょう。当院へお連れいただければ、指導やアドバイスも可能ですので、お気軽にご相談ください。

ブラッシングのコツ

・ブラシは歯にやさしく当て、軽く小刻みに動かす
・1箇所につき20~30回程度動かすようにする
・毎食後必ず行うようにし、難しい場合は口ゆすぎをする
・就寝前は特にしっかり、時間をかけて磨く

歯ブラシの使用・保管時の注意点

・歯ブラシは専用の物を用意し、共有や接触を避ける
・使った後は水でしっかりと洗う
・保管する場合はブラシ部分を上にする
・寿命はおおよそ1ヶ月で、毛先が開いてきたら交換する

お子様のころからの予防の重要性

乳歯の虫歯は進行が早い上、初期の虫歯は痛みなどの症状が出ないことが多く、お子様も親御さんも気づきにくいという危険性があります。
3才までに虫歯ができたお子様は永久歯に生え変わってからも虫歯になるリスクが高まるという研究結果があります。これは、乳歯から永久歯に虫歯菌が感染するからではなく、子供の頃に虫歯になるような生活習慣、食の好み、ブラッシング習慣は、永久歯に生え変わってからも大人になってからも簡単には変わらず、知らず知らずその習慣を続けている場合が多いからです。
そこで、子供の頃から予防習慣をしっかり身につけることで、大人になってからも自主的に予防ケアをすることができるようになり、それが生涯健康な歯でいることにつながります。
親御さんのご協力とともに、歯科医院でも丁寧に指導・サポートさせていただきますので、ご一緒にお子様の健康な歯の土台を作っていきましょう。

歯医者は「怖いところ」から「行きたいところ」へ

子供にとって、初めての歯医者での経験はとても重要です。
一度「歯医者は怖いところ」と認識してしまうと、その後も来院のたびに怖がるようになります。
そこで、スタッフの優しい笑顔と言葉で安心させたり、院内におもちゃや絵本を置いたり、治療後はプレゼントをあげたりと、子供にとっての「初めの歯医者さん」を楽しく安心できる場所にすることで、「歯医者さんは楽しいところ」と感じてもらうことが大切です。

また、親御さんに丁寧に説明を行い、親御さんの不安を取り除くことも必要です。
子供は親をよく見ていますから、親御さんが不安がっているとそれがお子さんにも伝わり、恐怖心を生み出してしまいます。親御さんが安心してお子さんを任せられるようになってから治療を行うよう、気をつけています。

予防措置

シーラント 奥歯の溝に薬を流し表面のでこぼこを無くす事で、汚れや食べ物のカス等がたまり難くなり虫歯を出来にくくします。
サホライド 歯の表面が解けて虫歯になり始めた所に薬を塗布する事で虫歯が進行を抑えます(乳歯)
フッ素 乳歯・永久歯ともに、定期的に塗布することで歯質が丈夫になり、虫歯を防ぎます。
さらに、口の中を虫歯になりにくい環境にすることが出来ます。

保険指導

ブラッシング指導 お子さんにあった磨き方をご指導します。フロス(糸ようじ)・歯間・矯正用・歯ブラシの必要な部位などの使い方等をご説明します。
間食指導 10歳くらいまでのお子様に、間食のとり方・飲み物とお菓子の関係等、表を使ってわかり易く説明します。
唾液テスト
(緩衝能テスト)
唾液は口の中でとても重要なものであり、虫歯のなりやすさに深く関係しています。
唾液の性質を知る事により、それぞれにあわせた食生活のアドバイスを行っています。

当院で行う歯を守る処置メニュー

ブラッシング指導

お子様の発育や歯の生え方に合わせたブラッシングの方法を指導します。また、親御様の仕上げ磨きのコツについてもアドバイスを差し上げます。

フッ素コーティング

フッ素を歯の表面に塗り、歯質を強化することで虫歯になりにくい歯をつくります。また、ごく初期の虫歯であれば再石灰化が促されることで自然治癒も期待できます。

シーラント

生えたての永久歯(第一大臼歯)の奥歯の溝に歯科用プラスチックであるレジンを埋め、食べかすなどが詰まらないようにして、虫歯を予防します。