矯正歯科

歯科矯正は歯並びをきれいにするだけではありません

歯科矯正とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。

しかしながら、ただ、歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせております。

さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の一分野です。

見た目と健康の改善を目的とした矯正治療

矯正歯科の役割のひとつは、歯並びを美しく整え見た目を改善することです。そしてもうひとつは、不正咬合(歯並びの乱れ)を治療することでお口や体の健康も改善に向かわせる、ということです。乱れた歯列はブラッシングがしにくかったり、食べものが挟まりやすかったりして虫歯・歯周病のリスクが高まります。

また、噛み合わせは体全体のバランスにも大きく影響する部分でもあるため、肩こりや腰痛、背中の痛みやめまいなどの症状につながることも。ご自身やお子様の歯並びで悩みの方は、座間市の歯医者「ひばりが丘ライズモール歯科」までぜひご相談ください。

美しいEラインを目指した矯正治療

人の横顔は、鼻の先端と顎の先端を結んだ線が唇よりやや外側にあるのが理想と言われています。この線はEライン(エステティックライン)と呼ばれ、美しさの基準のひとつとされています。当院の矯正治療は、ただ歯並びを整えるのではなく、このEラインに沿ったキレイな口元を追求。前からも横からも美しい見た目を目指し、患者さんがご満足いただける治療を行います。

当てはまる歯並びはありませんか?

ご自身やお子様の歯並びをチェックしてみましょう。以下のようなお口のトラブルはありませんか? 不正咬合はさまざまなトラブルを引き起こすことがありますので、当てはまるものがあれば一度当院までご相談ください。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

反対咬合(はんたいこうごう)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

交叉咬合(こうさこうごう)

空隙歯列(くうげきしれつ)正中離解(せいちゅうりかい)

叢生(そうせい)

過蓋咬合(かがいこうごう)

開咬(かいこう)

歯並び・噛み合わせが悪いと起こるデメリット

1.見た目で損をする

歯並びは顔の印象を大きく左右します。整った歯並びは清潔感を与え、顔の造作もよく見せてくれます。逆にせっかく整った顔立ちをしていたり、きれいにお化粧をしておしゃれをしていても、歯並びが悪いと残念な印象を与えてしまいます。アメリカでは歯並びが悪いことで就職活動に影響が出たりするほど、整った歯でいることは重要視されています。

2.歯を早く失いやすい

歯並びが悪いと、ブラッシングがきちんとできないために歯垢がたまりやすく、虫歯や歯周病にかかる危険性が高まります。また、噛み合わせが悪いと、全体の歯に均等に力がかからないため、歯がダメになりやすくなります。そのようなことが重なって、結果的に歯を早く失うことにつながります。

3.口臭がきつくなる

きちんと隅々まで磨くことが難しいため、口臭が発生しやすくなります。また、よく噛むことができないことで唾液が十分に出なかったり、唇が閉めづらい歯並びにおいては口が開けっ放しとなり、口の中が乾いて強い口臭のもとになります。

4.発音が悪くなる

歯並びによっては発音がしにくい音があったりすることで会話に支障をきたすことがあります。また、外国語習得の妨げになる場合もあります。

5.顎関節症をおこしやすい

噛み合わせがよくないと、噛む筋肉のバランスが悪くなり、顎関節症を引き起こしやすくなります。そのことで、顎が痛くなったり、口が開きづらくなったりします。

6.体の不調を起こす

噛む筋肉のバランスが悪くなるため、それとつながる神経や筋肉にも不調を起こし、頭痛や肩こり、首の痛みなどを引き起こしやすくなります。また、よく噛めないことで胃腸に負担がかかったり、歯並びが悪いことによる口呼吸により、喉に感染症を起こしやすくなったりします。

7.スポーツで十分に力を発揮できない

スポーツで筋力やバランス感覚を十分に発揮するためには、上下の歯がバランス良く噛み合っていることがとても重要です。つまり噛み合わせが悪いと不利に働くということです。

矯正治療に必ずしも抜歯が必要なわけではありません

矯正治療を行う際には、抜歯が必要な場合とそうでない場合があります。もちろん、それぞれの患者さんの顎の大きさや歯並びに合わせて、どちらが適切かは当院の歯科医がしっかりとご説明しますのでご安心ください。ここでは、「抜歯」と「抜歯をしない」ことのメリット・デメリットをご紹介します。

抜歯のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 矯正治療時、歯をスムーズに移動できる
  • 抜歯後にスペースができるため、後戻りしにくく、安定した歯並びを維持できる
  • 出っ歯の場合は閉じられるようになる
  • 小顔の印象になる
  • 奥歯がない期間がしばらくある
  • 麻酔による抜歯が必要
  • 健康な歯を抜かなくてはいけない
  • 抜歯した部分のスペース分、歯の移動が必要なので治療期間が長くなる場合がある

 

抜歯しないことのメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 健康な歯を抜かなくてよい
  • 歯の移動距離が短いため、治療期間も短くて済む
  • 口腔内のスペースを広げるので、舌の位置に違和感がない
  • 口元への変化はない
  • 症例によっては適応できない場合がある
  • 顎が小さいと矯正後に後戻りがしやすく、保定期間が長くなる
  • 無理矢理抜歯なしで矯正をすると歯ぐきにダメージが残る

 

矯正治療の流れ

①矯正初診 

(1)現在の状況

(2)今後の予測

(3)矯正治療の一般的説明

(4)料金の説明

(5)検査の予約

②検査 

(1)顔面写真・口腔内写真

(2)歯の型取り、噛合せの確認

(3)問診・口腔内検査

(4)レントゲン撮影

(5)側頭部セファロレントゲンの紹介状(大学病院)

③コンサルテーション  

(1)使用装置

(2)治療期間、固定期間

(3)抜歯の有無

(4)矯正治療の諸注意

(5)治療料金

(6)契約書の作成

④矯正治療

(1)口腔内管理:ブラッシング指導

(2)診療スケジュール:成人・永久歯の矯正は毎月1回

⑤矯正治療終了日

(1)装置除去

(2)スケーリング・クリーニング

(3)型取り

(4)顔面写真・口腔内写真

(5)固定装置セット

⑥経過観察
(固定装置の使用期間)

(1)1か月検診

(2)3ヵ月検診→6ヵ月検診→6ヵ月検診

 

小児矯正のメリット

発育に合わせて自然な形で矯正治療ができるのは子供のころだけです。

抜歯をしないで矯正ができる可能性も上げられます。 
なにより虫歯や歯周病で将来歯を失うリスクを減らせるということが一番のメリットです。

何歳くらいから始めるの?

ケースバイケースですが、目安としては6歳臼歯がはえていること
上下前歯4本×2が生え変わっていることです。 
だいたい平均的には小学校の2年生ぐらいですが、気になる方はそこから矯正のご相談をさせて頂きます。

治療の流れ

まず矯正専門医でご相談をさせて頂いて、状態に合わせたご提案をさせていただきます。
だいたいの費用や治療期間のお話しをします。
抜歯をしなければいけないのかそうでないのか、レントゲンを撮影して診断します。
レントゲンをご説明して、納得いただければ治療開始です。